様々な方法でガンの検査を行なっているためガンを悪化させる前に発見できる。

ガンの検査方法

女医

がん遺伝子検査

目に見えないレベルのガン細胞を発見することができ、正常細胞がガンに関与する細胞かどうか判断することができます。そのため、ガンの再発を防ぐことができ、早期治療につなげることができるのです。

ガン免疫ドック

それぞれの免疫メカニズムを調べて、免疫力の低下具合や免疫異常がないかを調べていきます。血液を採取するだけで調べることができるため、大きな検査をせずにすみます。免疫細胞などを細かく分析することもできるため、ガン発生や転移に結びつきそうな細胞以上を直ぐに見つけることができるのです。

マイクロアレイ血液検査

消化器官と呼ばれる内臓のガンに対して高い確率で、反応する検査方法です。・胃がん・大腸ガン・膵臓ガン・胆道ガンの可能性を一回の採血で調べることができるため、消化器系のガンになるリスクの高い人には最適な検査方法です。採血して2週間前後で結果を見ることができます。そのため、早く結果を知りたい人にも良い検査方法です。

検査方法を知っておきましょう

どんな検査方法があるのか、どういった部分のガンを見つけることができるのか、検査結果が出るまでにかかる期間などを知っておくことができれば、安心して検査を受けることができます。

広告募集中